メインイメージ

設立の目的は?

一般社団法人設立の目的は?

「一般社団法人を設立する目的は?」と問う場合、答えは二つあると思います。
一つは、非営利活動を行うためイチから法人を設立するということです。
もう一つは、任意団体として活動していたが、より活動しやすくするために法人化するということ。

まず前者ですが、一般社団法人は非営利活動を行う法人として法律に定められています。
非営利活動とは、利益を分配しない活動という法律的意味があります。逆に株式会社のように利益を分配し出資者が集まる状態を「営利」と言います。
そのため、利益の分配を行わない活動なので、その事業内容は特に問われません。公益性の高い事業でも構いませんし、収益性の高い事業でも構いません。

ボランティアに限らず、給与支払いや利益追求の活動があっても利益の分配さえなければ問題ありません。
そのため、一般社団法人の活動はとても広い範囲で行うことができ、それらの希望の活動を行うために一般社団法人を設立する、ということになります。

後者の場合は、既に任意団体として活動していて、その後一般社団法人を設立する目的は活動しやすくするためというのはどういうことでしょうか。
任意団体というのはどこからの認可もなく、ただ人が集まって活動している団体なのでその活動内容には大きな差があります。真面目に活動していても、どこかで怪しまれることも無いとは言えません。
パンフレットなど広告を積極的に作成し、名を広めることで信用度をあげることはできますが、信用できる団体か否かの見極めは正直難しいところがあります。

しかし、一般社団法人を設立する際は法務局への登記が必要となりますので、団体としての社会的信用度が上がります。
また、任意団体の場合は組織として契約ができないことが多いのですが、一般社団法人となることで法人としての契約ができるようになります。
例えば寄付金を募るにしても、任意団体の場合は口座開設ができませんので代表者の個人口座に振り込んでもらうことになりますが、法人の場合は法人名口座に振り込んでもらえます。

このように団体としての活動がスムーズになるというメリットがあります。
また、社会的信用が上がることで契約先が増加し、仕事が増えて収益アップへつながったり、スタッフを集めやすい、リクルート活動をしやすくなるというメリットもあります。
このようなメリットを享受するために、任意団体から一般社団法人の設立へと移行することは珍しくないのです。

最近の投稿

バナー